ここから本文です

【パンクラス】三浦広光が初防衛戦、挑戦者は強打の新鋭

6/1(木) 7:10配信

イーファイト

 7月2日(日)東京・ディファ有明にて開催される『PANCRASE 287』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】ボクシング仕込みの三浦の鋭いパンチが決まった瞬間

 第10代パンクラス・ウェルター級王者の三浦広光(35=SAMURAI SWORD/RINGS)が、同級2位・阿部大治(25=HMC)の挑戦を受け初防衛戦に臨む。

 三浦はMMAからボクシングに転向し、再びMMA(総合格闘技)に復帰した経歴の持ち主。ボクシング時代には9戦無敗のままOPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトル挑戦まで上り詰めた。2016年10月、MMA復帰4戦目で第9代パンクラス・ウェルター級王者の村山暁洋を破り、第10代王座に就いた。

 挑戦者の阿部はデビューからわずか2年、パンクラス4戦目でタイトルマッチまでたどり着いた。柔道をバックボーンに持ちながら打撃を得意とし、4勝のうち2勝がパンチによる1RでのKO勝ち。

 三浦がボクシングテクニックの差を見せつけてジャブのみで試合を支配してしまうのか、それとも阿部が若さと勢いで三浦の技術を突き破るのか。

最終更新:6/1(木) 7:10
イーファイト