ここから本文です

<サッカーU-20 W杯>ベスト16脱落の韓国、ペク・スンホが悔し涙 「自分の実力を把握…もっと成長したい」

5/31(水) 10:07配信

WoW!Korea

バルセロナB所属のペク・スンホ(20)が、国際サッカー連盟(FIFA)U-20 ワールドカップ・コリア2017をベスト16で終え、悔し涙を流した。

ペク・スンホの紹介と写真

 ペク・スンホは30日、天安総合運動場で開かれたポルトガルとの大会ベスト16戦で、82分間をプレー。攻撃ポイントを挙げることはできず、チームは1-3で完敗した。

 試合後、ペク・スンホは「今大会を通して、僕自身の実力がどの程度なのか、把握することができた。試合運びや試合感覚が不足していることを感じた。バルセロナに戻り、至らない点を集中的に補完したい。特に、試合感覚と体力を引き上げることに努力したい」と明かした。

 また「残念な結果だった。大会を前に、フィジカルトレーニングをするなど、たくさん準備しただけに、より悔しさを感じる。ポルトガル戦で交代されたとき、体力的な面が十分であれば、もっとチームに貢献できたのに…と思った。ベンチに下がって、いろいろなことを考えた」と悔しさをにじませた。

最終更新:5/31(水) 10:07
WoW!Korea