ここから本文です

大関高安が誕生「正々堂々精進します」

5/31(水) 12:05配信

茨城新聞クロスアイ

日本相撲協会は31日、東京都墨田区の両国国技館で大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇高安(27)=本名高安晃、土浦市出身、田子ノ浦部屋=の大関昇進を正式に決めた。

協会は春日野理事(元関脇栃乃和歌)と片男波審判委員(元関脇玉春日)を東京都内のホテルに派遣し、昇進を伝達した。高安は「大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」と力強く口上を述べた。

新大関の誕生は2015年夏場所後の照ノ富士以来2年ぶりで、平成生まれの日本出身大関は初。名古屋場所は00年春場所以来の4横綱3大関と豪華な番付となる。

高安は夏場所で11勝し、直前3場所で合計34勝をマーク。昇進の目安とされる33勝を上回った。

高安の地元、土浦市では同日、念願だった大関昇進が正式に決まり、「よく頑張った」「凱旋(がいせん)パレードを」と喜びの声が上がった。

土産物店の店員福田康子さん(51)は「ここまで来るのは大変だったと思うけど、よく頑張った」と感無量の様子。「高安関の話題が尽きず、盛り上がっている。大関はもちろん横綱でのパレードを見てみたい」と笑顔。

高校1年杉山里佳さん(15)は「高安関のおかげで、土浦や茨城が全国的に注目されてすごい。茨城は都道府県の中で魅力度が低いと言われるけど、これから活躍してPRしてほしい」と期待した。

高安の話 こみ上げてくるものがある。本当に幸せ。たくさんの人に支えられた。感謝しかない。(口上は)自分の気持ちを言えたと思う。堂々とするということは一番好きな言葉。どんな状況でも正々堂々と闘いたい。

高安(たかやす=本名高安晃)土浦市出身、田子ノ浦部屋。05年春場所に鳴戸部屋から初土俵。11年名古屋場所新入幕。13年秋場所で新小結となり、平成生まれ初の三役昇進を果たした。16年秋場所新関脇。殊勲賞3回、敢闘賞4回、技能賞2回。得意は突き、押し、左四つ、寄り。186センチ、174キロ。27歳。

茨城新聞社