ここから本文です

「CRISIS」は大人の男が楽しめるハードボイルドの意欲作

5/31(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

コラム【TV見るべきものは!!】

 3年前のこの時期、見逃せない刑事ドラマが2本、放送されていた。しかも同じ曜日の裏表で。1本は小栗旬主演「BORDER」(テレビ朝日系)。もう1本が西島秀俊主演「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」(TBS系)だ。

 前者は、主人公が死者と対話できる特殊能力を駆使して難事件を解決していく。また後者では西島演じる公安刑事が、妻の命を奪った爆発事件の真相を探っていく。いずれも、小説では成立しても映像化するのは難しい世界を描いた作品だった。

 今回の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」は、「BORDER」と「MOZU」のハイブリッドともいうべき刑事ドラマだ。特捜班の捜査員・稲見(小栗)は元自衛隊員。特殊任務に就いた際、心に深い傷を負った過去を持つ。普段は何を考えているかわからないが、現場では無鉄砲と思えるほど大胆な行動に出る。同じ捜査員の田丸(西島)もまた、かつての事件をきっかけに心を閉ざした男だ。

 常に冷静で的確な捜査を行うが、本心は誰にも明かさない。そんな2人が、ある距離感を保ちながら補完し合い、暴力団への潜入捜査や若者たちのテロ計画阻止に挑んでいく。テンポのいい脚本は「BORDER」と同様、原作者でもある金城一紀氏が手がけている。オトナの男が楽しめる、ハードボイルドの意欲作だ。

(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)