ここから本文です

【韓国】LCC大手の済州航空、中国路線を来月増便

5/31(水) 11:30配信

NNA

 韓国の格安航空会社(LCC)最大手の済州航空が29日、仁川―中国・威海便を来月2日から増便すると発表した。中国政府が増便を許可した。高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反対する中国は年初以降、増便を認めていなかったが、今月の韓国新政権発足でムードが一変している。
 済州航空にとって仁川―威海便は搭乗率が平均87%に上る主力路線だ。来月2日から午前便を新設し、運航数を週7往復から14往復に増やす。
 中国路線の売上高が占める割合が19.5%と韓国業界で最も大きいアシアナ航空も、中国路線の活性化に乗り出す。中国向けPR活動のため、20日に中国から影響力の大きいブロガーを韓国に招いた。アシアナ航空の広報担当者はNNAの取材に対し、「観光客の増加に直接結びついているわけではないが、今後につながりそうだ」とコメントした。

最終更新:5/31(水) 11:30
NNA