ここから本文です

ラリー・コリエル、最新作にして遺作となる『セブン・シークレッツ』がリリースに

5/31(水) 18:07配信

CDジャーナル

 今年2月19日に公演で滞在していた米ニューヨークにて、73歳で息を引き取った“フュージョン界のゴッドファーザー”ことラリー・コリエル(Larry Coryell)の、全編新曲による最新作にして遺作となるイレヴンス・ハウスとの『セブン・シークレッツ』(COCB-54205 2,300円 + 税)が5月31日(水)に日本先行で発売。

 イレヴンス・ハウスは、コリエルやランディ・ブレッカーらで1973年に結成。1974年に1stアルバム『イントロデューシング・イレヴンス・ハウス』を発表。1970年代のクロスオーヴァー / フュージョン初期を代表するバンドとして語り継がれています。

 その伝説のバンドが、2015年にBLUE NOTE NYで行なわれたリユニオン・ライヴをきっかけに再集結。オリジナル・メンバーのランディ・ブレッカー、アルフォンス・ムザーンに加えて、2代目ベーシストのジョン・リー、セカンド・ギターとしてコリエルの息子であるジュリアン・コリエルが参加しています。

最終更新:5/31(水) 18:07
CDジャーナル