ここから本文です

チェルシー、控えGKベゴヴィッチ&若手FWソランケが移籍

5/31(水) 9:11配信

ISM

 チェルシーは現地時間30日(以下現地時間)、控えGKアスミル・ベゴヴィッチ(29)がボーンマスへ、ユースチーム所属のFWドミニク・ソランケ(19)がリヴァプール(以上イングランド)へ移籍することが決定したと発表した。

 ボーンマスの発表によれば、ベゴヴィッチは7月1日に移籍手続きを完了させる予定。同選手はチェルシーの公式HPで「タイトルを獲得したチームの一員でいられたことは素晴らしかった。でも、今が移籍する適切な時期だと感じている。レギュラーとしてプレーしたいからね」とコメント。今季のプレミアリーグ優勝を喜びつつ、出場機会を求めていると明かした。

 ソランケは、今季までとなっているチェルシーとの契約を更新せず。契約満了をもって、7月1日にフリーでリヴァプールに加入する予定となっている。(STATS-AP)

最終更新:5/31(水) 9:12
ISM