ここから本文です

まるでアダルトビデオ? 女子高生を教室で全裸に、男性教諭が懲戒免職

5/31(水) 19:04配信

J-CASTニュース

 大阪府堺市の男性高校教諭(56)が、女子生徒に対して行ったセクハラ行為で懲戒免職処分となったが、そのワイセツ内容がまるでアダルトビデオだと驚きが広がっている。

 運動部員に試合に勝つための教育と称し、教室で裸になるよう要求し裸にしたり、「先生とキスやエッチができる覚悟はあるのか」「学校へ帰ったらエッチしような」などとセクハラ発言を繰り返していたのだという。

■「学校へ帰ったらエッチしような」

 堺市教育委員会は2017年5月29日に市立高校の男性教諭を懲戒免職処分にし、強要容疑での刑事告発を検討していると発表した。

 報道によれば、この教諭は5月6日の公式戦で負けた女子部員に対し、

  「先生とエッチできるぐらいの覚悟で試合に臨め」
  「学校へ帰ったらエッチしような」

と発言した。翌日の7日には部員を教室に呼び出して、

  「裸になるぐらいの覚悟で、無心になって頑張れ」

と、裸になるよう迫り部員は実際に裸になった。そして、部員が服を着た後に抱き寄せ、

  「成人したらエッチしような」

と言ったのだという。日頃から、「先生とキスできるんか」「先生とエッチできるんか」「裸にするわ」といった発言や、顔を平手打ちするなどの体罰を繰り返していた。教諭は教育委員会の調べに対し、ワイセツ目的ではなく、熱心に指導したため発言が高じてしまった。隣の教室にいたため生徒の裸は見ていない、と供述しているという。部員20人のうち少なくとも13人がワイセツやセクハラ行為を受けていた。

 こうした報道を受けネット上では、

  「現実世界の出来事なのか?」
  「どこのAVなんですか タイトルを教えて下さい」
  「これ女子生徒トラウマもんだろ...親にも友達にも相談するの辛かっただろうに」

などといったことが掲示板に書き込まれた。

「フレンドリーと感じる生徒もいたかもしれません」

 J-CASTニュースが同校に17年5月31日に取材すると、教頭は、

  「教育委員会が調べをし、発表した内容ですから、報道内容は事実だと思われます」

と説明した。教室で裸になることを要求されるなどした生徒が親に打ち明け、親が高校に相談した。高校は教育委員会に報告し懲戒処分が決まったということだった。5月30日に全校集会と保護者会を開催し、今回の「事件」についての説明とお詫びをし、生徒のケアと再発防止を約束したと語った。ではいったいどんな先生だったのか。

  「厳しく教育熱心な先生だと記憶していますので、どうしてこうなってしまったのか、という思いです。生徒がこの先生に抱いていたイメージはそれぞれだと思いますが、フレンドリーと感じる生徒もいたかもしれません」

ということだった。それまで、ワイセツやセクハラ行為の報告はなかったという。これ以上の詳しい説明は、学校や部活、生徒が特定されることを避けるため話せないということだった。

最終更新:5/31(水) 19:18
J-CASTニュース