ここから本文です

SALUがゆるふわギャングと“終わらない夜”を過ごすと宇宙人がやってくる(!?)【MV撮影密着】

5/31(水) 12:20配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

SALUがアルバム『INDIGO』をリリースした。M-ON! MUSICでは、同作品に収録されている「夜に失くす feat. ゆるふわギャング(Ryugo Ishida, Sophiee)」のミュージックビデオ(以下MV)撮影に潜入。先行して、Instagramで画像&動画をお届けしたが、それらと合わせて現場の様子をレポート!

密着写真はこちら

----------

■夜がはじまる。1日はこれから

自然と身を委ねてしまうほどに心地良くループする「夜に失くす feat. ゆるふわギャング(Ryugo Ishida, Sophiee)」。不思議な空気感をまとう同曲のMV撮影が5月頭に行われた。日が落ちると、静かな闇が広がる倉庫街に今宵だけは煌々と明かりがともり、撮影準備に活気づいていた。

SALUはというと、MV監督からの指示を丁寧に聞き、これから辿る道を確認。懐中電灯で指す先や、リップシンクでの表情などをチェックしていた。

■夜更けにSALUが探す“何か”とは?

今回のMVは、昼間に撮影したスタジオシーン(MVでいうと後半箇所)とこれから倉庫街で撮影するシーンの大きくふたつに分けられる。まずは本MVの幕開けを告げる、大事な導入シーンから。巨大なコンテナ郡からSALUが登場。

まわりを見回しキョロキョロするSALUは、懐中電灯を持って“何か”を探しているようだ。“誰かが俺を呼んでいるように”というリリックに合わせた動きや、ちょっとした表情・仕草を工夫する。

■最高のワンシーンのため、妥協しない

SALUに続いて、今度は客演のSophiee、Ryugo Ishidaのカットへ。Sophieeは巨大なコンテナの中から登場し、艶っぽく微笑みながら颯爽とウォーキング。ここ数日、温かい日が続いていたのだが、この日の温度はやや低め。おまけにえより深めの衣装はノースリーブ。日が落ちてからの撮影とあって、どんどん気温は下がっていくなか、何度もトライ。SALUとの曲を最高に仕上げるべく、一切妥協することなく撮影に臨んでいた。

また、Ryugo IshidaとSALUはそんな彼女の様子を見守っていた。あらかじめ決められた時間ではあったものの、この3人にはたしかな絆が芽生えていたように思う。

■クライマックス直前の長回しに注目

Sophiee⇒Ryugo Ishida⇒3人集合を長回しで撮るという、本日最大の山場。自身の担当しているパートの秒数に合わせて移動しなければならない、Ryugo IshidaとSophiee。特に3人集合カットになるまで、カメラがずっとついてくるRyugo Ishidaは位置取りや歩くコースを反復する徹底っぷり。

ゆるふわギャングの熱演にこたえるべく、先ほどまでは穏やかな雰囲気でスタッフと話をしていたSALUも一転、集中した表情に。

ちょっとしたタイミングの違いでNGになってしまうため、このときばかりは真剣そのもの。

■特別賞をあげたい、影の立役者

SALUはもちろん、ゲストとして出演したゆるふわギャングのパフォーマンスによって最高の映像に仕上がったのだが。ここで今回の立役者もご紹介(笑)。

ディティールにまでこだわった、SALUのMVチームにも大きな拍手を!!

■撮影終了直後のSALUとゆるふわギャングに直撃

全行程の撮影が終了。楽曲制作から今回のMV撮影まで、一緒に過ごしたゆるふわギャングを交えての感想戦。あれ……もしや、3人以外にも仲間が? 業界内外という枠を飛び越え、宇宙人にも一目置かれる状況になったSALU。「夜に失くす feat. ゆるふわギャング (Ryugo Ishida, Sophiee)」のMVはどう仕上がったのか、ぜひその目で確認してほしい。

TEXT & PHOTOGRAPHY BY ジャガー