ここから本文です

道頓堀川を忍者姿で観光する「忍者船」 手裏剣体験や忍者との対決も /大阪

5/31(水) 10:22配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ハイ・パートナーズ(大阪市北区、TEL 06-6131-9768)は6月3日、忍者姿で船に乗って水都大阪を観光する「忍者船 Ninja-Cruise」の運航を開始する。(なんば経済新聞)

忍者と対決する様子

 関西を中心に、子ども向け忍者教室「ジャカジャカ忍者」や、和文化体験屋敷「忍者堂 Ninja-Do」を運営する同社。「大阪ならではの忍者体験というものを考えたときに、大阪=船のイメージがあった」ことから、忍者と船のコラボレーション「忍者船」の運航を企画した。

 クルージングの周遊ルートは、天満橋の八軒屋浜からスタートし、東横堀川、道頓堀川を往復する。乗船時間は約50分。運航中は忍者に扮(ふん)したスタッフ2人が添乗し、乗客は忍者衣装に着替える。船内では、刀の使い方や手裏剣体験、記念撮影のほか、忍者と対決もできるという。忍者の潜伏先として知られる「川」と、外国人にも評判の「忍者」を組み合わせたことで、インバウンド需要にも対応する。

 同社社長の辻村博志さんは「忍者船はほかではやっていない、ここでしか味わえない体験。今後は他の企業ともコラボレーションなどをして、町中をエンターテインメント性のあるものにしたい」と話す。

 運航は土曜~火曜の週4日。時間は10時~、11時10分~、13時~、14時10分~、15時20分~、16時30分~の1日6便。定員は各便8人。予約制で、乗船3カ月前から出航2時間前まで予約可能。料金は、大人=4,500円、子ども=3,500円(2歳以上小学生以下)、貸し切り=3万円。

みんなの経済新聞ネットワーク