ここから本文です

ついにSeeQVault対応! ソニーがパフォーマンスアップを果たしたBDレコ新モデルを発表

5/31(水) 13:00配信

アスキー

ソニーからBlu-ray Discレコーダーの新モデルが登場。UHD BDには対応しないものの、SeeQVaultに正式に対応。録画データの引っ越しが可能に

 ソニーは、Blu-ray Discレコーダーを刷新し、新製品5機種を発表した。
 
 ラインナップは3チューナーモデルとして、3TB HDD内蔵の「ZT3500」(予想実売価格11万円前後)、2TB HDD内蔵の「ZT2500」(同9万円前後)、1TB HDD内蔵の「ZT1500」(同7万5000円前後)、2チューナーモデルとして1TB HDD内蔵の「ZW1500」(同6万5000円前後)、500GB HDD内蔵の「ZW550」(同5万4000円前後)を用意する。
 
 発売日は、ZT3500/2500/1500が7月8日、それ以外は6月24日の予定だ。
 
 新機種は4Kハンディカムなどの4K撮影動画(XAVC-S)の取り込みに対応。BDメディアに書きだすことも可能で、書きだしたBDメディアを再生する際は、動画を内蔵HDDにコピーすることなく、直接再生可能だ。
 
 なお、BD-Rなどに記録した4K映像の再生は可能だが、4K BDことUHD BDの再生には対応しない。
 
 編集機能では、チャプター編集に加え、タイトルの結合/分割やプレイリスト作成などが可能。録画リストのスクロールスピードアップなど、動作パフォーマンスも向上している。
 
 また、録画番組のバックアップ技術である「SeeQVault」に対応。将来的に同社のBDレコーダーに買い換えた際、録画番組を移行できる。SeeQVault対応HDDへの直接録画も可能だ。
 
 オーディオ関連では、WAVやFLACといったハイレゾ音源の再生に対応。テレビの音声や音楽CDについてもハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」が利用できる。
 
 大画面テレビ「ブラビア」2017年モデルとの組み合わせでは、ブラビア側の音声コマンドに対応。番組検索や録画予約、再生操作などが可能だ。
 
 なお、編集機能やSeeQVault対応については2016年モデルでも7月中提供予定のアップデートで対応。パフォーマンスも向上する。
 
 
文● ハシモト/ASCII編集部

最終更新:5/31(水) 13:00
アスキー

Yahoo!ニュースからのお知らせ