ここから本文です

静岡国際オペラ、予選出場者審査 100人に絞り込む 浜松

5/31(水) 8:21配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 11月に浜松市で開催される若手オペラ歌手の登竜門「静岡国際オペラコンクール」(県、実行委など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)の予選出場者を決める予備審査会が30日、浜松市中区の静岡文化芸術大で始まった。6月2日までの4日間で、国内外の応募者191人を100人程度に絞り込む。

 桐朋学園大名誉教授の木村俊光審査委員長ら4人の審査員が、応募者から提出された音源で歌唱力や表現力などを比べる。第1次予選からは国外の審査員も審査に加わる。木村審査委員長は「4人で予選出場者を決めるのはとても責任がある」と話し、審査に臨んだ。

 コンクールは11月11~19日で第1次、2次予選と本選を行う。

静岡新聞社