ここから本文です

マレズがレスター退団希望を表明 「前に進むべきタイミング」

5/31(水) 11:58配信

ISM

 MFリヤド・マレズ(26)が現地時間30日、レスター(イングランド)からの移籍希望を表明した。

 マレズはマネージメント会社を通じて声明を発表し、「彼らに対して正直かつ明確でありたかった」「だから、前に進むべきタイミングが来たと感じていることを、クラブに伝えた」と、今季限りで退団する意向を明かした。

 マレズは2015-16シーズンに17得点を記録し、レスターの“奇跡の”プレミアリーグ制覇に大きく貢献し、年間最優秀選手に選出された。同シーズン後に移籍の可能性もあったが、チェアマンと話し合った末、チャンピオンズリーグに出場し、優勝を経験して移行期にあるクラブを助けるために1年残留したとも述べている。

 昨季の優勝メンバーからは、すでにヌゴロ・カンテがチェルシーへと移籍。同選手は今季、異なる2チームでのプレミア連続優勝を経験している。

 マレズは2014年に推定40万ポンドでルアーヴル(フランス2部)から加入。契約が3年残っていることもあり、レスターは3000万ポンド(約42億7000万円)の移籍金を望むとみられている。

 マレズは声明で「プレミアリーグ王者になったことを筆頭に、クラブでの日々で達成してきたことの一員でいられたことに、計り知れない誇りを感じている」とも述べた。(STATS-AP)

最終更新:5/31(水) 11:58
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合