ここから本文です

世界合計300億視聴「YouTube Kids」日本上陸、パパママ朗報!

5/31(水) 15:25配信

アスキー

グーグルは5月31日、子ども向けに開発されたアプリ「YouTube Kids」の提供を日本で開始した。

 グーグルは5月31日、子ども向けに開発されたアプリ「YouTube Kids」の提供を日本で開始した。YouTube Kidsは2015年2月にアメリカで提供を開始、日本を含め世界28ヵ国、7言語で展開している。
 
 開始以来、世界合計で視聴回数は300億、アクティブユーザーは800万/週、1日あたりのコンテンツ視聴回数は5億、1日あたり100万シェアという規模で利用されているという。
 
 YouTube Kidsアプリは、iOS、Androidともに無料でダウンロードでき、スマホ、タブレットだけではなくChromecast、Apple TVを利用してTVで視聴も可能。
 
情報を積極的に得て、学んでいく子どもたちへ
 YouTube Kidsは、YouTubeと異なる独自のUIを採用している。起動後のホーム画面の上部には4つのカテゴリー「アニメ・ドラマ」、「おんがく」、「まなぶ」、「はっけん」があり、また「虫眼鏡」でのテキスト、音声入力による検索にも対応している。
 
 YouTubeグローバル Family & Learning コンテンツ  ディレクター、マリーク デュカード氏によると「子どもたちはクリエーターであり、モノを想像するのが大好き。動画から新しいアイデアを発見し、自分たちのプロジェクトを進める手助けもできる」と話す。
 
YouTubeからアルゴリズムで動画をフィルタリング
 YouTube Kidsアプリで視聴できる動画は、YouTubeで公開されている動画を「ファミリーフレンドリー」に配慮しフィルタリングしたもので、さらに保護者が視聴対象年齢などを設定することもできる。
 
 アプリには保護者が子どもの視聴体験を管理するため、最長120分までの「タイマー」、アプリ独自のカスタム パスコードの設定できる機能をもつ。YouTubeのアカウント登録における年齢制限は13歳以上のため、YouTube Kidsアプリの利用は保護者が登録し、子どもが利用する、という形式になる。
 
 
文● 飯島恵里子/ASCII

最終更新:6/6(火) 0:05
アスキー