ここから本文です

なんだお前も見えるのか、デザインレビューでVRが浸透

5/31(水) 14:10配信

MONOist

 SCSKは、「人とくるまのテクノロジー展 2017」(2017年5月24~26日、パシフィコ横浜)において、オートデスクの3Dビジュアライゼーションソフトウェア「VRED」を活用して、VR(仮想現実)を活用し複数人で自動車のデザインレビューを行うデモを行った。

 「VRED」は、モデリングツールなどで作成したデザインデータを、3次元で立体的に再現するビジュアルツールだ。対象物が置かれている環境を複数選択でき、その環境における製品表面に当たる光や周辺の映り込みも正確に再現できるリアリティーが特徴となる。VREDはHMD型のVRシステムと組み合わせることで、3Dのバーチャル空間に入り込む形でデザインを体験できることが特徴である。

 SCSKはこうしたデザイン環境でのシステム構築に強みを持ち、既にVRシステムの導入なども多く手掛ける。会場では、「HTC Vive」を活用し、複数人で1台の自動車のデザインレビューを行うデモを行った。

 SCSK プラットフォームソリューション事業部門 製造エンジニアリング事業本部 VRシステム推進室 第一課 中村智哉氏は「2016年はVR元年ともいわれて多くの注目を集め、試験的に導入したところも多かった。ただ、既にVRを活用することを前提に試作やレビューのフローを変更し、設計ワークフローに組み込むところも出始めている。自動車などではエクステリアのレビューは行ってもインテリアを現実感を持ってレビューするのは難しい。VRを使えば、こうした負担を軽減し多くの人が加担に確認できる」と手応えについて語っている。

最終更新:5/31(水) 14:10
MONOist