ここから本文です

<岡田将生>「クズみたいな」“痛男”に 映画「伊藤くん A to E」で木村文乃とW主演

5/31(水) 18:31配信

まんたんウェブ

 俳優の岡田将生さんと女優の木村文乃さんが、映画「伊藤くん A to E」でダブル主演することが31日、明らかになった。岡田さんは、容姿端麗だが自意識過剰で無神経すぎる“痛男”の主人公・伊藤誠二郎を、木村さんはそんな伊藤をめぐる恋愛相談をネタに脚本を書こうとするアラサーの脚本家の“毒女”(=独身女性を意味するネットスラング)・矢崎莉桜を演じる。岡田さんと木村さんは同作が初共演。

【写真特集】原作は柚木麻子さんのこの小説

 映画は、柚木麻子さんの同名恋愛小説が原作。過去の栄光で何とか一流としてのプライドを保っている崖っぷちのアラサー脚本家の莉桜が、返り咲きたい一心で自身の講演会に参加した女性4人に目をつけ、彼女たちから受ける恋愛相談をネタにするため取材を始める。彼女たちを振り回す男たちは、皆容姿端麗らしいが、自意識過剰で幼稚で無神経。聞くにつけ首をかしげたくなるほどの“痛男”だった。莉桜は脚本に書き進めるうちに、4人の女性たちが語る“痛男”が全て同一人物ではないかと考えはじめる。そしてある日、伊藤が莉桜の前に現れる……というストーリー。「さよなら歌舞伎町」などを手がけた廣木隆一監督がメガホンを取る。

 岡田さんは「伊藤には共感などは一切できず反感しかなかったです。それでも目が離せなくなり夢中に読んでしまいました。一言で言うとクズみたいな男ですね」と役について話し、「今まで培ってきたものを全て集約させて伊藤君と心中する覚悟で臨みたいと思ってます。崩壊していていく様がとても重要だと思ってるので、とことん、矢崎莉桜と対峙(たいじ)していこうと思ってます」と意気込んでいる。また初共演の木村さんについては「いつかご一緒したいと思っていたのでうれしいです」と語っている。

 木村さんは「岡田将生さんとは初共演ですが、忘れられない作品になれるように日々を積み重ねていきたいです」と意気込んでいる。撮影は7月下旬から約1カ月間行われる。2018年初春公開予定。

最終更新:5/31(水) 20:31
まんたんウェブ