ここから本文です

打率4割維持のハム近藤生かせない4番中田翔の勝負弱さ

5/31(水) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 開幕から2カ月が経つのに、いまだ4割をキープしているのが日本ハムの近藤健介(23)。30日のDeNA戦は、八回に右翼へ二塁打を放って4打数1安打。打率は4割9厘となった。

 日本のプロ野球界で最終的に4割を打った打者はひとりもいない。前人未到の記録を達成する可能性もある打者がいるにもかかわらず、それを生かせないのがいまの日本ハムということになる。

 この日もDeNAのルーキー・浜口以下の4投手の前に完封負け。借金が「9」に膨らんだ最大の要因は、4割打者の近藤の後ろを打つ4番・中田(28)だろう。

 昨夜も初回は2死三塁、八回は2死二塁の得点機にいずれも凡退。30日現在、打率・231、4本塁打、20打点。4番を打ちながら、得点圏打率にいたっては・184とふるわない。

 中田の勝負弱さに関していえば、110打点でタイトルを獲得した昨季ですら、「稼いだ打点と同じくらいの数のチャンスを潰している」との声が内部から上がったほどだ。

 このまま順調にいけば今季中に国内FA権を取得。オフの阪神への移籍は「既定路線」といわれている。本人は好成績を残して阪神や阪神ファンに歓迎されたいと思っているのか、あるいは好成績を残さないとハシゴを外されるんじゃないかと気をもんでいるのか、いずれにせよ力んで精彩を欠いているともっぱらだ。

 今後も近藤が打てば打つほど、近藤を生かせない中田の不甲斐なさが際立つことになる。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 21:30