ここから本文です

銀シャリ・鰻「ちゃんとしたウナギの仕事はこれが初」と大喜び

5/31(水) 15:57配信

東スポWeb

 お笑いコンビ「銀シャリ」(鰻和弘=33、橋本直=36)が31日、都内で行われたイベント「父の日はうなぎの日」記念日登録証授与式に登場した。

 岐阜県の名店「うなぎ屋たむろ」が、父の日(毎年6月の第3日曜日)を「うなぎの日」と日本記念日協会に申請、このたび正式登録された。

 ウナギといえば、この男しかいない。全国で10人もいない珍しい姓を持つ鰻は「ちゃんとしたウナギの仕事はこれが初ちゃうか」と喜んだ。

 鰻によれば「鰻」姓は鹿児島・指宿市にルーツがあるという。“鰻は神様”だそうで「ウナギを食べたら死んでしまうという言い伝えがある」と力説。ウナギを食べたことは「ホンマにない」と首を横に振り、この日も目の前に出されたうな重を一切口にしない徹底ぶりを見せた。

 コンビとしては昨年、M‐1グランプリ王者になった。2人は4月、ともに大阪から上京。鰻は一般女性の妻と暮らし、独身の橋本は一人暮らしだ。

 仕事は堅調だが、橋本はモテないという。鰻から「一流女優さん、いきましょう」と狙うようすすめられると、赤面しながら「ウナギだけに、骨があって肝が座っている女性がいい」と照れ隠しで切り返す。その上で「ワンピースが似合う方がいい」とガチな好みのタイプを口にした。

 うぶな一面を見せたが、実母のプライベートな話題には冗舌。実父が他界している橋本は「オカンに彼氏がいる」と暴露して「まさに義父(岐阜)ウナギ」とうまいことを言う。実母と彼氏は「いい感じ」だそうで、彼氏のニックネームは「マー君」と明かしたが「(母は)結婚は面倒くさいと言っていた。フランス婚(事実婚)みたい」と続けた。

最終更新:5/31(水) 15:57
東スポWeb