ここから本文です

ルーニーのイングランド代表選外についてサウスゲイト監督「今季は出場機会が…」

5/31(水) 17:51配信

GOAL

イングランドサッカー協会(FA)は、6月に行われるスコットランド戦、フランス戦に挑むイングランド代表メンバーを発表した。ギャレス・サウスゲイト監督が選出したメンバーで、マンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォードが選出された一方で、古株であり、代表のキャプテンでもあるウェイン・ルーニーが外れている。

この決定について、FAを通してサウスゲイト監督は「今回選んだラッシュフォード、(ハリー)ケイン、(ジェイミー)バーディーはシーズン後半のパフォーマンスが素晴らしかった。あと、(ジャーメイン)デフォーも前回呼んだ時のプレーが良かったからね」とコメント。

一方でルーニーが選出外になったことについては、「ウェインは今シーズン、満足にプレーできた状況ではなかったからね。彼の調子はこれから上がってくるだろう。来年には大きな大会(ロシア・ワールドカップ)があるから、本人も万全の状態で戻ってきてくれるはずだ」と続け、ルーニーを外した理由が、所属クラブで出場機会に恵まれていなかったことだと強調している。

トッテナムのサイドバック、キーラン・トリッパーを初選出した理由については、「彼はバーンリーにいた時(2010~2015年)から注目していた選手だ。トッテナムでも絶対的なスタメンではないが、彼のプレーの質は注目に値する。ぜひ代表で見たいと思っていた」と語った。

また、ラッシュフォードについては6月16日から始まるUEFAU-21欧州選手権でも代表に招集する意向があり、所属クラブのジョゼ・モウリーニョ監督がラッシュフォードの代表帯同について難色を示していることにも、サウスゲイト監督は「クラブとは良好な関係を築くことを意識している。だが、ラッシュフォードの招集はイングランド代表として正当なものだ」と述べている。

イングランド代表は6月10日にロシア・ワールドカップのスコットランド戦、同13日にはフランスとの親善試合が控えている。

GOAL

最終更新:5/31(水) 17:51
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ