ここから本文です

LINEを連携させた新たなマーケティングオートメーションツール、日本経済社とジーニーが共同開発

5/31(水) 8:34配信

ITmedia マーケティング

 日本経済社とジーニーは2017年5月29日、ジーニーのマーケティングオートメーション(MA)ツール「MAJIN(マジン)」とLINEを連携させた新たなMAツールを共同開発し、同6月1日に提供開始すると発表した。日本経済社は同ツールを、専用シナリオや誘導先コンテンツのコンサルティングまでをパッケージ化した商品「1to1スターター」として提供する。

【その他の画像】

 今回提供するMAツールは、LINE Messaging APIを使ってMAJINに「LINE@」やLINEに対応したチャットbotの機能を追加したもの。同MAツールでは、従来MAJINが持つアトリビューション機能やデータ分析に基づくメール配信・アプリプッシュ機能に加え、LINE上で登録ユーザーへの一斉メッセージ配信やユーザー志向に合ったメッセージ配信、チャットbotによる自動メッセージ対応ができるようになる。

 具体的な利用シーンとしては、LINE@の友達登録をしてくれたユーザーに対して、定期的にLINEを配信し、興味の綱日と目とフォロー情報の提供を行う、顧客の持つスコアや行動履歴等の情報に応じてワンツーワンの通知を実施し、顧客ナーチャリングを行うといった使い方を想定している。