ここから本文です

上がらぬ首脳陣の信頼度 ドジャース前田またもや途中降板

5/31(水) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 ドジャース・前田健太(29)が、また期待を裏切った。

 30日(日本時間31日)のカージナルス戦に登板したが、4回を4安打3失点、3四球で降板。勝敗は付かなかった。

 前田はカージナルス打線に立ち上がりを捉えられ、一回に味方の拙守、自身の悪送球もあり、3安打で3点を先制された。その後も毎回、走者を背負う不安定な投球で5回を持たずに交代を告げられた。

 球数は82。1点をリードし、もう1イニング投げれば白星が付く状況で降板させられたのは、前田の信頼度の低さに他ならない。それはデーブ・ロバーツ監督による前田の起用法からも十分にうかがえる。

 前田はこの日の試合前まで8試合に先発。1試合平均の投球回数は5~6回で、昨季とほとんど変わらない。

 しかも1試合平均の投球数は昨年が約92球、今季は約85球。メジャーの先発は100球がメドといわれるが、昨季も今季もそこまで投げさせずに見切りを付けている。今季は昨季以上に球数が減っているにもかかわらず、ハンで押したように試合中盤で降板させているのだ。

 前田はドジャース入団時、肩、肘に問題ありと診断された。それを配慮して使われているのかもしれないが、先発投手として首脳陣の信頼を勝ち取るにはとにかく結果を出し続けるしかない。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/22(木) 22:15