ここから本文です

オリビア・ニュートン・ジョンさんが乳がん再発、腰に転移と発表

5/31(水) 10:04配信

ロイター

[ロサンゼルス 30日 ロイター] - 歌手兼女優のオリビア・ニュートン・ジョンさん(68)は30日、乳がんが再発し、腰に転移していると明らかにした。

代理人は声明で、放射線治療を受け、年内に復帰できると確信していると述べた。ニュートン・ジョンさんは1992年に乳がんを発症した後、健康的な生活や検診を提唱していた。

「主治医やセラピスト、オーストラリアのメルボルンにある私の『オリビア・ニュートン・ジョン・キャンサー・ウェルネス・アンド・リサーチ・センター』の医療チームと相談の上、治療方針を決定した」とニュートン・ジョンさんは述べた。

声明によると、6月に米国とカナダで予定していたツアーは延期していた。「腰の痛みで前半のツアーを延期したが、乳がんが仙骨に転移したための痛みだったと判明した」という。

英国生まれでオーストラリア育ちのニュートン・ジョンさんは、「そよ風の誘惑」「フィジカル」などのヒット曲で知られるほか、女優としても1978年のミュージカル映画「グリース」で大成功を収めている。

*見出しと本文1段落目の表現を修正しました。

最終更新:5/31(水) 10:18
ロイター