ここから本文です

“Androidの父”ルービン氏、ハイエンド端末「Essential Phone」発表

5/31(水) 9:55配信

ITmedia Mobile

 Android創業者で元米Google幹部のアンディ・ルービン氏の米Essential Productsは5月30日(現地時間)、新Android端末「Essential Phone」を発表した。発売時期や地域はまだ不明だが、米国での販売価格は699ドル(約7万7000円)。

【画像】取り外し可能な360度カメラ

 ボディはチタンとセラミック製で、アルミ製のように傷やへこみが付きにくい。ディスプレイはゴリラガラス5。ロゴのないデザインで、ディスプレイは5.71型(2560×1312、角丸)だが左右のベゼルが狭いので、本体幅は71.1ミリ。高さは141.5ミリ、厚さは7.8ミリ。重さは185グラムだ。プロセッサはQualcommのSnapdragon 835、RAMは4GB、ストレージは128GB、バッテリーは3040mAh。

 大きな特徴は、「Moto Z」のようなモジュール式の周辺機器を脱着できる点。背面に無線データ転送可能なマグネティックコネクタを備え、ドングルや充電器、カメラなどのアクセサリを取り付けられる。

 まずは360度カメラを発売する計画。本体と一緒に購入する場合は50ドル、単体では199ドルになる見込み。Qualcomm 8053搭載で重さは35グラム。本体に装着し、本体のアプリで操作する。

 リアカメラはデュアル。iPhoneのようなボケ用ではなく、HuaweiのP10と同様のモノクロセンサーで、暗いところでの撮影をサポートする。1300万画素×2で4K動画撮影も可能。フロントカメラは800万画素で、こちらも4K動画撮影可能。

 ポートは前述のマグネティックコネクタ以外はUSB Type-Cのみ。3.5ミリイヤフォンジャックの変換ドングルが付属する。充電は付属のType-Cケーブルで行うが、将来的にマグネティックコネクタ付きのドックが発売される見込み。

 防水かどうかは不明。スキンやアプリについての説明もまだない。

 Essentialは、2014年にGoogleを退社したルービン氏が2015年にステルスモードで立ち上げた新興企業。会社概要を見ると、幹部にはAppleやGoogleの出身者が多い。

最終更新:5/31(水) 9:55
ITmedia Mobile