ここから本文です

「ピーチガール」山本美月と伊野尾慧が高校生常識クイズに挑戦、珍回答に観客爆笑

5/31(水) 12:07配信

映画ナタリー

全国にて公開されている「ピーチガール」の“声援上映”イベントが5月30日に東京・新宿ピカデリーで行われ、主演を務めた山本美月と伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)が登壇した。

【写真】「ピーチガール」“声援上映”イベントの様子。(他6枚)

好きなキャラクターの名前を呼ぶ、セリフを一緒に叫ぶなど、上映中に声を出すことが許可されていた同イベント。終始歓声が飛び交い、大盛り上がりのまま上映が終わると、MCから山本と伊野尾が一緒に映画を観ていたことが明かされる。観客席からは黄色い悲鳴が上がり、2人は手を振りながらファンに笑顔を向けた。

今回の声援上映について山本が「カイリが殴られてるときに、みんなが『がんばって!』と言ってくれていたのがうれしかったです」と感想を述べると、伊野尾は「カイリとももちゃんのキスシーンで『キャー!』とみんなが言ってくれていたのが恥ずかしかったです」と照れた様子を見せる。また、この日の上映とは別に劇場で本作を鑑賞したという伊野尾は「劇場内のみんなが僕のことを知っているかもしれないという緊張感がありましたけど、みんながどういうところで『キャー!』となってくれているのかを知ることができて面白かったです」と振り返った。

続いてイベントでは、同作で高校生を演じた2人に対し“最新高校生常識クイズ”を出題。かわいいという意味を持つ「〇〇かわ」という言葉を3つ以上挙げることを求められた山本は、「キモかわ、ゆるかわ、鬼かわ」とあっさり答える。また「“おけまる”とはどんな意味?」と聞かれた伊野尾は「おけ……お風呂にある丸い桶!」と珍回答。会場が笑いに包まれる中、山本は「おけ、まる……“了解”ってことですか?」と見事に正解を出す。

全部で5問出題され、山本は4問正解、伊野尾は全問不正解という結果に。しかし伊野尾は惨敗にもめげずに「(劇中における制服の)着こなしを褒めてもらえたり、高校生たちが興味を持って映画を観てくれるのはうれしいですね」と満足げな様子でイベントを終えた。



(c)2017「ピーチガール」製作委員会

最終更新:5/31(水) 12:07
映画ナタリー