ここから本文です

稀勢の里「僕はかんでしまったので…」 高安に控室でアドバイス

5/31(水) 10:34配信

デイリースポーツ

 日本相撲協会が31日、臨時理事会で高安(田子ノ浦)の大関昇進を決め、都内で昇進伝達式が行われた。弟弟子の晴れ姿を横綱稀勢の里も見守り、「正々堂々精進します」とした口上を絶賛。1月、自身の横綱昇進伝達式で、自分が言葉を“かんで”しまったことから、「素晴らしいんじゃないですかね。僕はかんでしまったので。反面教師でね」と語り、控室でも「かむんじゃないぞ」とアドバイスしたことを明かした。

【写真】高安と秋元才加 母が共にフィリピン人でいまも交流の幼なじみ

 以下、稀勢の里の一問一答。

 -どんな思いか。 「こんなにうれしいことはないですね。本当におめでとうございますです。大関の次はもう一つ上がありますから、一緒に目指していければいいと思います」

 -成長をどこに感じたか。

 「けいこをしている感じですね。一番やっているので一番肌身で感じているんですけど。下から突き上げる力、全身の力をやっぱり感じて、これはあるんじゃないかと。あるというのはけいこをしていて確信していましたので」

 -今場所の高安の相撲は。

 「見ている方としてはかなり安心して見ていた場所でしたし、期待に応えてくれてよかったですけど。まだまだ今場所も力を出し切れていない部分もあったので、まだまだだとも思います」

-口上をきいて。

 「素晴らしいんじゃないですかね。僕はかんでしまったので。反面教師でね」

 -これから期待。

 「口上の通り、正々堂々といい相撲をとってもらいたいと思いますし、また稽古をして、お互い力をつけて盛り上げていければいいと思います。彼らしくて、そういう相撲を目指してやっているんでしょうし。彼らしい口上だったと思いますし、そういう大関になっていけば、おのずとまた一つ上が目指していけると思います。またしっかりけいこをして上を目指せるように。自分も力をつけていきたいと思っています」

 -名古屋は2人で盛り上げる。

 「彼が頑張ってくれればいいんじゃない?」

 -横綱のけがの具合もファンは気になる。

 「僕はいいんじゃない。今日は」

 -やっぱりうれしいか。

 「休場中も高安の相撲だけは見ていたので。力もあるなと思いました」

 -口上のアドバイスは。

 「さっき、控室で俺みたいにかむんじゃないぞと。(内容は)ぜんぜん、まったく(してない)ですよ」