ここから本文です

【ゼロワン】田中将斗 V5で“火祭り=大谷”のイメージ変える!

5/31(水) 16:45配信

東スポWeb

 ゼロワンの世界ヘビー級王者・田中将斗(44)が30日、今年で17回目の開催となる真夏の祭典「火祭り」(7月9日、名古屋市露橋スポーツセンターで開幕)に向け5年ぶりの優勝を宣言した。

 田中は21日の後楽園大会で将軍岡本(33)を退けて2度目の王座防衛に成功。火祭り出場を一番乗りで決めた。真夏は得意な季節とあって「開始当初は火祭り=大谷晋二郎のイメージがあったと思う。でも、今は火祭り=田中のイメージになったんじゃないか」と不敵な笑みを見せる。確かに2006年からの3年連続優勝の記録はいまだに破られていない。さらに通算4度の優勝は大谷と並ぶ最多タイ記録で「夏男」のイメージは定着した。

 そこで弾丸男は「今年も優勝して、最多優勝回数を単独トップにする」と鼻息を荒くする。記録から大谷の名前を完全に消し去り「火祭りは自分のものにする」というわけだ。その先も見据えており「今年から4年連続優勝して新記録をつくる。その間はベルトを守り続ける。今の自分は負ける気がしないからいけるでしょう」と豪語した。

 6月10日の超花火新潟・糸魚川大会では昨年の火祭り覇者・小幡優作(33)とシングルで激突する。ここではっきり力の差を見せつけて、壮大な野望への踏み台とするつもりだ。

最終更新:5/31(水) 16:45
東スポWeb