ここから本文です

イチロー、途中出場で2打席連続三振 チームは3連勝

5/31(水) 11:25配信

デイリースポーツ

 「マーリンズ7-2フィリーズ」(30日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(43)は六回の守備から右翼に入り、2打数無安打。3試合連続安打はならず、打率を・169(65打数11安打)とした。

 6点リードの六回から、主砲のスタントンに代わって右翼の守備に就いたイチロー。その裏の攻撃で無死一塁から打席に入り、空振り三振だった。中継ぎ右腕、ラミレスに対し、1ボールから2球連続で見送った直球をストライクと判定されて追い込まれると、4球目、132キロのタテのスライダーにバットは空を切った。

 7-2の八回1死一塁の打席でも空振り三振。右腕のネリスに対し、初球、見送った151キロ直球がストライクとなった後、151キロ直球を空振りしてカウント0-2。最後は137キロスプリットがバットをかすめたが、ボールは捕手のミットに収まり、今季17個目の三振を喫した。