ここから本文です

【全仏テニス】「トップ選手に値しないようなミスが多かった」錦織に聞く

5/31(水) 1:52配信

スポーツ報知

◆テニス4大大会第2戦 全仏オープン第3日 ▽男子シングルス1回戦 錦織圭3(4―6、6―1、6―4、6―4)1タナシ・コッキナキス=豪州=(30日、パリ・ローランギャロス)

 第8シードの錦織は、ランク外のコッキナキスの高速サーブに苦しめられながら逆転勝ちした。以下は主な一問一答。

 ―試合の感想は

 「第3、4セットは良くなってきた。完璧な試合ではなかったが、初戦だし、大会のいいスタートだと思う」

 ―右手首の状態は

 「マドリードOP、イタリア国際と良くなってきている。いい状態に戻ってはきていると思う。この状態を維持したい」

 ―今後に向けて改善したい点は

 「直していかないといけないところは、いっぱいある。フリーポイントをあげすぎた。トップ選手に値しないようなミスが多かったので、なくさないといけない」

 ―次戦はシャルディーとやる

 「何度もやっている選手。サーブ、フォアがいい。簡単ではない。いい準備をしたい」

最終更新:5/31(水) 1:52
スポーツ報知