ここから本文です

【さきたま杯】牝馬ホワイトフーガが圧勝! 重賞7勝目飾る

5/31(水) 17:52配信

東スポWeb

 31日、浦和競馬場で行われた交流GII「さきたま杯」(ダート1400メートル)は、3番人気のJRAホワイトフーガ(牝5・高木)が3角先頭から後続を4馬身突き放して圧勝。スタートでつまずいて5着に終わった昨年の借りを返して、7つ目のタイトルを手に入れた。勝ち時計は1分25秒7(良)。

 牡馬一線級を子供扱いにする会心Vに蛯名は「メンバーが強くてどうかと思ったが、ベストウォーリアを見ながらスムーズに回ってこれた。前半折り合えたので、自分で動いても大丈夫だと思った」と振り返った。

★2着モーニン(JRA)=ルメール騎手「スタートでつまずいていいポジションにできなかったが、反応はとても良かった。また復活できる」

★3着ベストウォーリア(JRA)=戸崎圭騎手「いいポジションを取れたが、外から来られてついていけなかった。勝った馬が強い」

★4着アンサンブルライフ(浦和)=真島大騎手「前回ぐらいから良くなっている。ムラがなくなって充実した競馬ができている」

★5着ラブバレット(岩手)=山本哉騎手「行きたかったが、出脚がイマイチ。直線もうまくさばけなかった」

最終更新:5/31(水) 17:52
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ