ここから本文です

【全仏テニス】ズベレフ初戦敗退「最低のプレー」

5/31(水) 7:37配信

スポーツ報知

 ◇テニス 全仏オープン第3日(30日、パリ・ローランギャロス) ▽男子シングルス1回戦F・ベルダスコ=スペイン=3(6―4、3―6、6―4、6―2)1A・ズベレフ=ドイツ=

 今大会の主役候補だった第9シードのA・ズベレフが初戦で姿を消した。前日に第2セット終了時点で日没になっており、第3セットから再開。前哨戦のイタリア国際を制した20歳は、クレー巧者で元世界ランク7位のベテランに押し込まれた。最終セットはフォアの決定打がゼロ。いらだちのあまりラケットを破壊。「球が短くなってしまい、ずっと守ってばかりだった。最低のプレーをした」と落胆を隠さなかった。

 左利きが苦手なのか聞かれると「僕には左利きの兄(ミーシャ、世界ランク31位)がいる。人生で最も練習した相手が兄なのに、左利きが苦手なわけがない」とキッパリ否定した。「負けたからといって世界が終わるわけじゃない。芝シーズンに向けていい準備をするだけ」と話した。

 ◇31日のテレビ放送 WOWOWライブ(午後5時55分~、1日午前0時~)で男女シングルス2回戦を生放送

最終更新:6/1(木) 2:44
スポーツ報知