ここから本文です

松山・南梅本町に複合カフェ「快活CLUB」 愛媛初出店 /愛媛

5/31(水) 16:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松山・南梅本町に6月1日、コミックやインターネットが楽しめる複合カフェ「快活CLUB 愛媛重信店」がオープンする。経営は「ヴァリック」(神奈川県横浜市)。(松山経済新聞)

女性専用エリア前にはセキュリティーゲートも

 同社が全国に345以上の店舗を展開する快活CLUBは、コミックや雑誌をはじめ、インターネット、オンラインゲーム、動画やテレビが閲覧できる会員制複合カフェ。愛媛県初出店で、45都道府県目の出店地域となる。

 店舗面積は約200坪で、約100人を収容する。店内はバリのリゾートホテルをイメージ。リクライニングシートやフラットシートのある個室のほか、ダーツやビリヤード、カラオケスペース、会員登録無しで利用できる「オープンシート」スペースも用意する。

 「インターネットカフェのイメージを払拭(ふっしょく)したい」との思いから、白を基調とした女性専用エリア「Villa me time」を設置。共有スペースとの間にセキュリティーゲートを設け、「女性だけの安心空間」を確立した。同エリア内では、ナノケアスチーマーやマッサージクッション、ヘアアイロンなどを無料で貸し出す。

 会員費は360円。オープンシートの利用料は3時間=515円、6時間=926円。各ブース・ダーツ・女性専用エリアの利用料は3時間=1,029円、6時間=1,645円、9時間=2,057円、12時間=2,366円、ナイト8時間(20時~翌4時入店の場合)=1,543円。入店時にプランを決めず、利用時間に合わせてパックが自動的に切り替わるシステムを採用する。

 広報担当の大山翔子さんは「接客や清掃に力を入れているため、満足して帰ってもらえる。ネットカフェの負のイメージを払拭し、安心して過ごせる空間を提供したい」と話す。

 24時間営業。

みんなの経済新聞ネットワーク