ここから本文です

田中圭一がゲームクリエイターの青春綴るレポ新連載、初回は「FF」坂口博信

5/31(水) 13:43配信

コミックナタリー

田中圭一による新連載「若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~」が、本日5月31日、ドワンゴのWebサイト・電ファミニコゲーマーで始まった。

【写真】「若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~」中面(他3枚)

「若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~」は、1980年代から1990年代にかけて活躍したゲームクリエイターの思い出を、同時期に中堅ゲームメーカーで働いていた田中が綴るレポートマンガ。第1回では「ファイナルファンタジー」シリーズを生み出した坂口博信がゲストとして登場する。作中では1997年に発売された「ファイナルファンタジーVII」のグラフィックを糸口に、坂口の画像へのこだわりのきっかけや初期スタッフの秘話が語られる。

次回は6月30日に公開される予定。「アクアノートの休日」で知られる飯田和敏がゲストとして登場する。