ここから本文です

新大関の高安、「正々堂々」に込めた思い…会見で明かす

5/31(水) 10:28配信

スポーツ報知

 大関に昇進した高安(27)=田子ノ浦=が伝達式後に都内のホテルで会見した。

 口上で「大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します」と述べた。口上を振り返り「一生に一度のことですからしっかりかまないように間違えないようにやりました」と振り返り「自分の気持ちを正直に言えたと思っています」と明かした。

 正々堂々の四字熟語に込めた思いを聞かれ「大関に上がるにあたってしっかりそれを自覚して自分の覚悟を言おうということでこの言葉を選びました」と明かした。その上で「好きな言葉ですから堂々とするってことは。正直に思ったことを述べさせてもらいました」と好きな言葉を選んだことを話していた。

 初土俵から12年をかけての大関昇進に「本当にたくさんの事があって、たくさんの人に支えられましたしご迷惑もおかけしましたし、うまくいかない時もありましたし、たくさんのことが走馬燈のように流れて、いろんなことを考えながら今日、臨んだんですけど」と振り返った。一番の思い出を聞かれ「自分は、たくさんの人に支えられましたんで、今、自分がここにいることも1人1人の人が支えてくれたおかげだと思うんで今は感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

 両親が伝達式を見守ったが「たくさん迷惑をかけましたんで、やっと恩返しができたかなと思っています」と感謝していた。

最終更新:5/31(水) 10:43
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ