ここから本文です

中国の外交トップが安倍首相と会談、建設的な役割求める

5/31(水) 16:07配信

ロイター

[東京 31日 ロイター] - 中国外交を統括する楊潔チ国務委員は31日、安倍晋三首相と会談し、北朝鮮問題の平和的な解決に向け、関係各国が役割を果たすべきとの認識を示した。北朝鮮への影響力が大きい中国の役割拡大に期待する米国と日本をけん制した格好だ。

楊氏は会談の冒頭、「朝鮮半島の非核化の実現、平和と安定の維持、この問題の平和的な解決を目指す方針を堅持している」と発言。「最終的に平和的な解決が実現されるよう、各国にも建設的な役割を果たすことを期待している」と述べた。

中国は2月に北朝鮮の資金源である石炭の輸入を停止したが、米国や日本はさらに影響力を行使するよう中国に働きかけている。

安倍首相は楊氏に対し、「平和的に、外交的に解決するため、中国と協力して取り組んでいきたい」と語った。

29日に来日した楊氏は菅義偉官房長官、岸田文雄外相、谷内正太郎国家安全保障局長とも会談。谷内氏とは約5時間にわたり日中関係や北朝鮮問題を議論した。

(久保信博)

最終更新:6/11(日) 20:32
ロイター