ここから本文です

地球温暖化は明白な事態、パリ協定実行が不可欠=国連事務総長

5/31(水) 16:25配信

ロイター

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 国連のグテレス事務総長は30日、気候変動は明白な事態であり、世界がこの問題に一致して取り組むことは「絶対に不可欠」との見解を示した。ニューヨーク大学のイベントで述べた。

事務総長は、トランプ米大統領が温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」離脱を検討するとし、今週何らかの表明を行うと述べていることを踏まえ「国際社会の意思とこの協定の必要性を疑う政府があるなら、そのことこそが、ほかの諸国による結束強化とこの路線の継続の理由になる」と述べた。

さらに「世界はひどい状態になっている。国際社会がパリ協定を実行することは絶対に不可欠だ」と述べた。

トランプ大統領は先に、地球温暖化はでっち上げだと発言するなどしたが、パリ協定を尊重するよう各国の指導者らが歩調を合わせて圧力をかけている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

最終更新:6/11(日) 9:16
ロイター