ここから本文です

九州で風力発電が接続可能量に到達、無制限・無補償の出力制御へ

5/31(水) 18:17配信

スマートジャパン

 九州電力は2017年5月25日時点における風力発電設備の接続申込み量が、接続可能量(30日等出力制御枠)の180万kW(キロワット)に到達したと発表した。5月26日以降の風力発電設備の接続契約申込み受付分については、無制限・無補償での出力制御に同意することが前提となる。

 風力発電の申込み量が接続可能量の180万kWを超過する可能性があることを受けて、九州電力は2017年3月7日に政府から風力発電設備の指定電気事業者に指定されている。そのため、同日以降はそれまで対象外だった20kW未満の小型風力発電も、出力制御の対象となった。今後は規模を問わず、全ての風力発電が無制限・無補償の出力制御対象となる。

 九州電力では2013~2015年度における電力需要と風況実績をもとに、風力の接続量が180万kWを超え、追加で接続された場合の出力制御時間の見通しを発表している。追加接続量が50万kWの場合の出力制御時間は396時間(出力制御率:2.7%)、100万kWの場合493時間(同3.7%)、150万kWの場合は582時間(同4.9%)としている。