ここから本文です

大きくなってね 三重県・鳥羽水族館でスナメリの赤ちゃんが誕生

5/31(水) 23:30配信

ねとらぼ

 三重県・鳥羽水族館で5月25日にスナメリの赤ちゃんが誕生しました。

 スナメリは体長1.8メートルほどの小型のクジラ。頭部は丸みを帯び、背ビレが無いのが特徴で、瀬戸内海や伊勢湾に多く生息しています。

【画像】スナメリの親子が泳ぐ様子

 生まれた赤ちゃんは体長85センチ、体重8キロほど(いずれも推定)のメス。母親は6回目の出産となるマリン、父親はハッチです。

 赤ちゃんは生まれてしばらくすると母親・マリンと一緒に泳ぐようになったものの、まだ授乳回数が少ないことから、スナメリ展示プールを閉鎖し、飼育係さんが24時間態勢で観察しているとのこと。

 一般公開の時期は未定ですが、授乳回数が増えて赤ちゃんが元気に成長することを祈っています。

最終更新:5/31(水) 23:30
ねとらぼ