ここから本文です

仲代達矢、亡き妻の誕生日に供花

5/31(水) 20:04配信

デイリースポーツ

 日本を代表する俳優の仲代達矢(84)が30日深夜の公式ツイッターで、亡き妻・宮崎恭子(ペンネームは隆巴)さんの誕生日に花を供えていたことを打ち明けた。

【写真】仲代達矢、俳優人生で最高額ギャラの作品は…

 恭子さんは女優、脚本家、演出家として活躍し、1975年に仲代と無名塾を設立した人物。仲代はこのツイートで「女房の誕生日に供えた花を今日下げました」と報告。「暑くなったとは言え、2週間は裕に保ったのかな。なんだか、ありがとう。」と、花に感謝している。

 この夫婦愛に「深い愛を学んでいます」「奥様も喜んでらっしゃるかと思います」「仲代さんのお心が花そのもののよう」「泣けてきます」「どこまで素敵でダンディーなんですか!!カッコよすぎです」などと、称賛のコメントが殺到。

 花が長もちした理由を考える、「仲代さんの想いが届いたのでしょうか」という声や、「奥様が仲代さんへ何か喜ばせたかったのでしょうかね」という声も届いていた。