ここから本文です

阪神が交流戦2連勝 先発能見が2勝目

5/31(水) 21:18配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ0-5阪神」(31日、ZOZOマリンスタジアム)

 阪神が交流戦2連勝。先発した能見が序盤から安定した投球で、7回2/3を4安打無失点で今季2勝目(2敗)を挙げた。

【写真】2軍戦では…西岡2試合連続Hで復活アピール

 打線は二回1死満塁から梅野の左前2点打で先制。さらに1死二、三塁から高山の二ゴロ間に加点。九回には糸井の適時打などで2点を加え、ダメを押した。

 ロッテは先発のチェンが6回3失点で2敗目(1勝)。打線も能見-桑原、マテオとつないだ阪神投手陣の前に5安打完封された。

 今季自身最長イニングを投げた能見は「疲れました。高めにいかないように注意して投げた。三振はたまたま。ファンに勝利を届けられて良かった」と振り返っていた。