ここから本文です

【ソフトバンク】中日戦で前代未聞の珍プレー!アトラクションを挟んで試合再開

5/31(水) 19:29配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク―中日(31日・ヤフオクドーム)

 前代未聞の「珍プレー」があった。

 3点を追う中日は3回、2死一塁で大島が2ストライクからソフトバンク・石川の直球をファウルチップ。打球を捕手・甲斐が捕球して空振り三振と思われた。

 グラウンドではイニング間のアトラクション「ホットドッグレース」が行われ、勝てばグッズが割引になる「グッズマン」が優勝。大型ビジョンには「南海ホークス球団旗フェイスタオル」が割引価格で販売されると告知されたが、なぜか一瞬で消された。

 実は大島がファウルチップした石川の投球に、ボークが宣告されていたため、2死二塁1ボール2ストライクから試合再開。打ち直しの大島は、右前へ鮮やかな適時打を放った。

 続く荒木が左飛に倒れ、今度こそ3アウト。グラウンドに再び「ホットドッグレース」の着ぐるみが現れて競走を始めたが、当然のように、先ほど、すでに優勝を決めていた「グッズマン」が優勝。あまりの“出来レース”ぶりに客席から失笑が沸き起こっていた。

最終更新:5/31(水) 19:46
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 1:40