ここから本文です

【中日】大野、自己ワースト13安打で6失点「リズム悪く申し訳ない」

5/31(水) 20:48配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク―中日(31日・ヤフオクドーム)

 中日の大野雄大投手(28)が自己ワーストの13安打を浴び、今季ワーストタイの6失点。6回で降板した。

 初回に3安打で2点、2回にも3安打で1点を奪われる苦しい立ち上がり。3回以降も立ち直ることができず、毎回被安打で2本塁打も献上した。「毎回、走者を出してしまい、リズムの悪いピッチングになってしまった。申し訳ないです」と唇をかんだ。

 2年連続で開幕投手を務めた大野は、6日の巨人戦(ナゴヤドーム)で3敗目を喫し、翌日から一時的に中継ぎ転向。2試合に救援登板した後、2軍での再調整を経て、この日に再登録。25日ぶりの先発マウンドだった。

最終更新:5/31(水) 20:56
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 11:10

Yahoo!ニュースからのお知らせ