ここから本文です

【MLB】死球巡って殴り合いのB.ハーパー、相手投手ともども出場停止処分

5/31(水) 11:18配信

ISM

 メジャーリーグ機構(MLB)は現地30日、前日の試合で死球をきっかけに殴り合いを演じたワシントン・ナショナルズのブライス・ハーパー外野手とサンフランシスコ・ジャイアンツのハンター・ストリックランド投手に、それぞれ4試合と6試合の出場停止と罰金処分を科した。

 今回の処分の発端となったのは、29日に行われたジャイアンツ対ナショナルズ戦の8回にストリックランドの157キロを超える速球がハーパーのでん部を直撃したこと。これに激怒したハーパーがヘルメットをマウンドに向かって投げて突進するとストリックランドに殴り掛かった。これにストリックランドも応戦し、両チームの選手がグラウンドに飛び出す大騒動へと発展。結果的にハーパーとストリックランドが退場処分を受けていた。

 この2選手が対戦したのは、ジャイアンツがワールドシリーズを制覇した2014年のナ・リーグ地区シリーズ以来。ハーパーはこのシリーズの第1戦と4戦でストリックランドから2本のホームランを放った。

 なお、処分は本日から適用される予定だったが、すでに両選手とも異議を申し立てたため、その裁定が下りるまでは出場が可能となっている。(STATS-AP)

最終更新:5/31(水) 12:43
ISM