ここから本文です

【仙台】ルヴァン杯GS1位で4年ぶり決勝T進出!石川直「まだまだ上に」

5/31(水) 21:49配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台は31日、ルヴァン杯グループステージ(GS)A組1位が確定し、2013年以来4年ぶりの決勝トーナメント(T)に自動進出となった。

 この日、試合はなかったが、2位のF東京が清水に敗れ、8強入りが決まった。

 渡辺晋監督(43)は「(GS)6試合で1位にふさわしいポイント(勝ち点13)を取れたので、自信を持っていい。この勢いをリーグ戦とルヴァンの決勝Tにつなげていければ」と話した。

 ルヴァン杯でキャプテンマークを巻いたDF石川直樹(31)は、前回の決勝T進出の13年に新潟から仙台に移籍。「前回(13年)はACLに出ていたから(決勝Tの)ベスト8からだった。今回は自力でもぎ取った。そこは自信につなげていきたい。あとは1位突破しただけで、まだ何も成し遂げられていない。ベスト8ならJ1の18チームの内の8チーム。まだまだ上に行かなきゃ」と、力を込めた。

 決勝Tの組み合わせは、7月31日に決定。準々決勝はホーム&アウェー方式で、8月30日と9月3日に行われる。

最終更新:5/31(水) 21:49
スポーツ報知