ここから本文です

【MLB】Dバックス左腕がキャリア初完封、テンポの速さでパイレーツ翻ろう

5/31(水) 15:29配信

ISM

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスは現地30日、敵地でピッツバーグ・パイレーツと対戦し、3対0で勝利。先発左腕ロビー・レイ投手がキャリア初完封を飾り、今季5勝目(3敗)を挙げた。

 メジャー4年目のレイは、9イニングを4安打、無四球、10奪三振で零封。「完封する時は誰だってそうだろうし、自分は初めてだったから、“やってやったぞ”と大興奮だった」と喜びのコメントを残している。

 また、わずか2時間10分での完封劇に「自分にとって一番良かったのはペースが速かったこと。(捕手から)ボールを返してもらったら、すぐにプレートを踏んでサインを見て、投げる。前も言ったが、時には考えすぎてしまうこともあるからね」と語っていた。

 一方、パイレーツのクリント・ハードル監督も「今日はレイのピッチングがすごくよかった。とてもテンポが速かった」と苦戦の要因に挙げた。(STATS-AP)

最終更新:5/31(水) 15:29
ISM