ここから本文です

富岡に移転業務開始 復興庁帰還環境整備センター

5/31(水) 10:08配信

福島民報

 復興庁福島復興局の帰還環境整備センターは30日、福島県川内村役場から富岡町役場に移転した。
 今春、双葉郡の中心近くに位置する富岡町の居住制限区域と避難指示解除準備区域が解除されたことを受け、場所を移した。福島復興局次長をセンター長とし、常駐職員1人を含む担当者7人を配置する。東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域内の特定復興再生拠点区域整備やイノシシ対策などの課題解決を目指す。
 木幡浩局長と白井基晴センター長が入り口に看板を掲げた。木幡局長が「これまで以上に各町村に入り、復興の動きを加速してほしい」と訓示した。宮本皓一町長が同席した。

福島民報社

最終更新:5/31(水) 11:46
福島民報