ここから本文です

クロマツ2000本植樹 東北電が相馬・磯部の海岸に

5/31(水) 10:08配信

福島民報

 東北電力グループは30日、東日本大震災の津波で被災した福島県相馬市磯部の海岸防災林にクロマツ約2000本を植樹した。
 東北電力グループと県、相馬市、県森林・林業・緑化協会の4者が締結した海岸防災林の植樹活動に関する協定に基づき、昨年に続いて実施した。
 グループの社員をはじめ、地元の飯豊小、磯部小、磯部中の児童生徒合わせて約200人が参加し、海岸林の再生を願いながら丁寧にクロマツを植えていた。昨年と合わせ、植栽したクロマツは約6200本となった。
 磯部小の狩野璃李(りり)さん(6年)は「大きく育ってほしい」と期待を寄せた。

福島民報社

最終更新:5/31(水) 11:47
福島民報