ここから本文です

【NBA】NBAファイナル、ウォリアーズが優勢か

5/31(水) 16:52配信

ISM

 3年連続で同じ顔合わせとなったゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズのNBAファイナルは、ウォリアーズが優勢とみられている。ウォリアーズを止めるには強固な守備が求められるが、その守備がキャブスのシーズンを通じた課題だったからだ。

 ウォリアーズはフィールドゴール(FG)50%以上をマークすると、ほぼ確実に勝利。また、103得点以上を記録したときも、ほぼ確実に白星を手にする。キャブスがNBAファイナルでこのウォリアーズを倒すには、完璧な守備をし続けなくてはならない。

 しかし、キャブスは、イースタンカンファレンスを12勝1敗の成績で勝ち上がったものの、相手を100点以下に抑えたのは、わずか3試合だった。

 レブロン・ジェームズが恐らくキャリアベストのパフォーマンスを見せているが、元MVPのケビン・デュラントを迎えたウォリアーズも、過去最強と言えるだろう。

 ウォリアーズは、FG成功率50%以上を記録した試合では現在106連勝中で、そのうち43連勝は今季にマークしたもの。また、直近28試合の成績は27勝1敗で、プレーオフでは史上初の12戦全勝でファイナルに辿り着いた。

 レブロンはウォリアーズを限界まで苦しめるかもしれないが、最終的に健康で休養十分なウォリアーズが勝利する可能性が高いだろう。(STATS-AP)

最終更新:5/31(水) 16:52
ISM

Yahoo!ニュースからのお知らせ