ここから本文です

村上春樹氏「光栄なこと」 『騎士団長殺し』史上初“2度目”の上半期総合1位

6/1(木) 4:00配信

オリコン

 村上春樹氏の長編小説『騎士団長殺し-第1部 顕れるイデア編-』(新潮社/2月発売)が、上半期(集計期間:2016年11月21日~2017年5月21日)で47.5万部を売り上げ、『オリコン 2017年 上半期“本”ランキング』の総合部門にあたる「BOOK部門」で2017年上半期1位に輝いた。

【一覧】上半期本ランキングBOOK部門 1位~25位

 同部門で文芸作品が1位となるのは、2013年上半期に85.4万部を売り上げた同じく村上氏の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋/13年4月発売)以来4年ぶり。2008年より集計・発表開始の『上半期“本”ランキング』において、文芸作品による2度目の総合1位獲得および同一著者による2度目の総合1位獲得は、今回が初の快挙となった。

 また、同日発売の本作第2部『騎士団長殺し-第2部 遷ろうメタファー編-』も期間内売上38.8万部で同総合4位を獲得。同一作家の文芸作品による2作同時TOP10入りは2010年上半期に村上氏が『1Q84 BOOK3』(2位)、『1Q84 BOOK1』(9位)で獲得して以来7年ぶりで、TOP5入りは今回が初となる。

 1位獲得を受け、村上氏は「長編小説はたまにしか書かないんだけど、それを待っていて、しっかり本を買ってくださる読者がついているというのは、僕にとってまことに嬉しいことであり、光栄なことです。そのことを励みにして、これからもたゆまず小説を書き続けていきたいと思っています」と喜びのコメントを寄せた。

 本作は、2010年に発表された『1Q84』以来7年ぶりとなる村上氏の書き下ろし長編。妻から離婚を切り出され、山の上のアトリエに暮らす主人公に起こる不思議な出来事を描いた作品。毎回新作が出るたびに話題になる発売日前後のフィーバーぶりは健在で、今回も発売日の深夜0時には書店店頭にファンの行列ができるなど盛り上がりをみせた。

最終更新:6/1(木) 9:49
オリコン