ここから本文です

【GOLF】松山、思い出の地で今季3勝目となるか? 池田、石川も出場

5/31(水) 10:17配信

ISM

 ジャック・ニクラウス(米)がホストを務める米男子ツアーのザ・メモリアル・トーナメントが現地時間6月1日、オハイオ州のミュアフィールド・ビレッジGCを舞台に開幕。全米オープン(現地時間6月15~18日/ウィスコンシン州、エリンヒルズ)の前哨戦とも言える今大会を制するのは一体どの選手か。

 昨季はウィリアム・マクガート(米)がプレーオフの末にジョン・カラン(米)を下し、プロ13年目で悲願のツアー初優勝を飾った。2014年の松山英樹、2015年のデビッド・リングマース(スウェーデン)に続き3年連続プレーオフでの決着で、ツアー初優勝者が誕生となった。

 出場する主な選手はダスティン・ジョンソン(米)、ジェイソン・デイ(豪)、松山英樹、ジョーダン・スピース(米)、ジョン・ラーム(スペイン)、アダム・スコット(豪)など、世界ランキングトップ10のうち6人が出場。ローリー・マキロイ(北アイルランド)は今大会にエントリーしていたが肋骨負傷の為、欠場となっている。また、ザ・プレーヤーズ選手権で22位タイとなった池田勇太、直近6試合で予選落ちが5回と苦しんでいる石川遼が出場する。

 優勝予想では今季3勝を挙げているジョンソンが1位で、2位にはラーム。今大会には初出場となるが、今季ファーマーズ・インシュランス・オープンを制するなど実力をつけてきている22歳がツアー通算2勝目を狙う。そして3位に松山がランクインした。2014年にケビン・ナ(米)をプレーオフで破り、今大会でツアー初優勝を飾ってから、通算4勝。今年2月のフェニックス・オープンを制して以来、優勝争いには絡めていないものの、マスターズで11位タイに入るなどツアー通算5勝目に期待が持てる。

最終更新:5/31(水) 10:37
ISM