ここから本文です

オトコの価値は〇〇で決まる!?アカデミー賞俳優が問う、イイ男の絶対条件とは?

5/31(水) 7:10配信

dmenu映画

『アーティスト』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたジャン・デュジャルダンの最新作は、身長差40cm(男性が低い方!)のカップルの恋愛を赤裸々に描いた、6月17日より公開される『おとなの恋の測り方』。人は見た目が9割などとも言われますが、イイ男の絶対条件とは何なのか。ジャン・デュジャルダン演じる主人公アレクサンドルの魅力を紹介しながら検証していきましょう。

【画像】菅田将暉、野村周平など最旬イケメン俳優!

小粋なトークと予想を裏切るエキサイティングな演出で相手の心を鷲掴み

建築家のアレクサンドルは、レストランで見かけた敏腕弁護士のディアーヌに一目惚れ。自分の気持ちに正直な彼は、彼女が店に置き忘れた携帯電話を“人質”に、早速アプローチを開始します。小粋な会話でディアーヌの興味を掻き立て、アポイントを取り付けたアレクサンドル。実は彼は身長が極端に低かったのです。ですが、長身で美人の彼女に臆することなく、「今まで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたい」と飛行場に向かい、セスナから空中へとダイビング! とっておきの隠れ家レストランにも案内し、すっかりディア―ヌの心を掴みます。

仕事もプライベートも充実! 父親思いのイケメン息子とハイセンスな豪邸暮らし

やりがいのある仕事に従事し、センスのよい豪邸で暮らすアレクサンドルには、前妻との間にイケメンの息子ベンジーがいるのですが、この息子、お小遣いをせびるボンボンかと思いきや、いざという時に頼りになる、本当によく出来た息子なんです。仕事もプライベートも充実していて、身長以外はいわゆる“イイ男”の条件を兼ね備えていると言っても過言ではないアレクサンドルですが、単なる彼の賞賛だけで終わらないのが、この映画の深いところなんです。

ブラックジョークや本音炸裂の赤裸々トークで浮き彫りになる人間性と“心の器”

ディアーヌの前夫は、彼女の新恋人が背の低い男であることにショックを受けて、アレクサンドルを平気で侮辱するし、ディアーヌの母親も社会的体裁を気にして二人の交際に大反対。ディアーヌ自身、身長差を気にするなんてナンセンスと頭では理解していても、どこかで理想の王子様像を追い求めてしまう自分の本心に気づき、戸惑いはじめます。でも、そんなブラックジョークや本音が炸裂するシーンがあるからこそ、どんな扱いを受けても決して自分を卑下することなく、プライドとユーモアを忘れないアレクサンドルの人間的な魅力が、より一層際立つのです。

“理想の相手の条件”は出会ったタイミングや年齢によっても変わってくるものですが、この映画を観ていると、結局“オトコの価値”を決めるのは、自分自身の器の大きさであることを思い知らされます。果たしてディア―ヌはどんな決断を下すのか。「こんなとき自分ならどうする?」と想像しながら、ぜひスクリーンで確かめてみてください。

(文/渡部喜巴@アドバンスワークス)

最終更新:5/31(水) 7:10
dmenu映画